新たな婚活 30分一本勝負”オンラインお見合い”でカップル続々 北海道と千葉の男女も…コロナ禍逆手に (22/03/19 11:00)

新たな婚活 30分一本勝負”オンラインお見合い”でカップル続々 北海道と千葉の男女も…コロナ禍逆手に (22/03/19 11:00)

コロナ禍で出会いの機会が少なくなり、悩んでいる方も多いのでは? 北海道から全国に縁を結ぶ、新たな出会いのスタイルとは。

 20代女性:「飲み会とかはなくなりましたね。ほとんど出会いがなくなったと思います」

 20代男性:「減っていますね。飲み会とかほとんどないので」

 対面での出会いが制限される今、「婚活の方法」にも変化が。

 1月に結婚した女性:「もうびっくりです。まさか結婚できると思っていませんでした」

 コロナ禍の婚活、その最前線に迫りました。

 道内在住30代女性:「改めまして宜しくお願いします」

 千葉県在住30代男性:「宜しくお願いします」

 画面越しに自己紹介しているのは道内の30代の女性と千葉県の30代の男性。結婚相談所を通じたオンラインお見合いの様子です。

 千葉県在住30代男性:「焼きサケとかさんまはあまり好きじゃないです」

 道内在住30代女性:「サケ、サンマなんて最高じゃないですか。料理とかはどういうもの作るんですか?」

 千葉県在住30代男性:「冷凍うどんのスープを和風にしてみたり、ちょっと洋風にしてみたりとか」

 道内在住30代女性:「コンソメか鶏ガラかみたいなですか。これ、私の例ですけど」

 千葉県在住30代男性:「ははははは」

 料理の話題で盛り上がる2人を見守るのは、結婚相談所「ONDO(オンド)」の代表、平良真美子さんです。

 大学時代を過ごした北海道で2年前、コロナ禍を逆手に取りオンライン中心の結婚相談所を立ち上げました。

 結婚サポート ONDO 平良 真美子 代表:「北海道の地で少しでも自分の経験が地域貢献にできたらいいなと。スマホ一つ、パソコン一つで遠方でも結婚相談ができるというメリットを感じた」

 全国の結婚相談所と連携し、相性の良さそうな相手とお見合いをセッティング。お見合いは1回30分で、翌日までに男性側から返事を結婚相談所に伝える流れです。

 道内在住30代女性:「ちなみにマンガとかはどういったのがお好きなんですか? 」

 千葉県在住30代男性:「マガジンとか結構好きです」

 道内在住30代女性:「本当ですか。私の父親は、いまだに月曜日ジャンプ立ち読みしています。早く家出て、コンビニで立ち読みしてから会社に行っています」

 結婚サポート ONDO 平良真 美子代表:「きょうのお見合いは終了ということで、ありがとうございました」

 30分のお見合いが終了。2人の感想は…

 道内在住30代女性:「30分一本勝負というみたいなところがあるので、笑顔は心がけていました」

 千葉県在住30代男性:「話もうまくリードしてもらった。引っ張ってもらったところも素敵だなと思いました」

 その後、2人は交際を始めることになりました。

 道北在住30代女性:「もうびっくりです。まさか結婚できると思っていませんでした」
 
 結婚相談所を通じてスピード婚をした女性も。道北の30代の女性は2021年10月、道南の30代の男性とオンラインでお見合い。

 約400キロの遠距離恋愛を実らせ、3か月後の2022年1月、結婚しました。直接会ったのは数回ですが、お互いにひかれ合ったといいます。

 道北在住30代女性:「お互いの中継地点の札幌でデートしていた。ちょっと大変でしたけど、気が合ったんでしょうね。行動や発言に一貫性や責任感があって、『この人迷いがない』って。何があっても一緒に思いやる気持ちさえあればやっていける。(前の結婚相談所は)今みたいに遠距離同士でチャンスというのはなかった。人に会えないという時代と言われているが、むしろ、婚活にはチャンスだと思う」

 コロナ禍で変わる婚活事情。オンラインだからこそ広がる選択肢もあるのかもしれません。

 オンライン婚活についての意識調査の結果では(リクルートブライダル総研調べ)、「オンラインであればコロナ禍でも婚活ができるか」との問いに、35.3%が「そう思う」と答えていて、「どちらでもない」が41.8%、「そう思わない」が22.9%となっています。

 オンラインは、リスクもありますので、「しっかりとした相談窓口を通じて利用するよう心がけてください」ということです。

お見合いカテゴリの最新記事